親から相続したり、あるいは現在住んでいる土地や家屋を何らかの理由で売却しなければならないとき、とりあえず不動産業者に依頼することになります。ただ、具体的にどのようにすればいいのかを知っている人は多くはありません。こういった不動産の売却はどのような流れで行うのでしょう。

一般的に、不動産の売却はまずは不動産業者を探すところから始めます。しかし、ほとんどの人は、不動産業者との付き合いはなく、不動産についてはまったくの素人です。ここが不動産売却の最初の難関とも言えます。それでもどうにか不動産業者を探し出すと、次は不動産の査定に入っていきます。査定にも種類がありますし、不動産業者によっても価格が変わってきますので、複数の業者に依頼するのが好ましいでしょう。

査定が終われば、ここで不動産業者と媒介契約を結ぶことになります。その後、売却が完了するまで、この業者は自社のサイトなどで不動産の情報を開示して、買い主が表れるのを待つのです。そして、購入希望者が現れると、売却の交渉という流れになります。引き渡し日や、購入価格、支払い方法などの交渉に入るのです。不動産業者による売却はこのように、売却初心者にとっては多少面倒に感じることが、ネックとも言えます。

Published by 運営者